【レビュー】ゼニス エルプリメロ ストラトス ストライキング フライバック 1/10クロノグラフ 03.2060.4057/69.M2060

Zenith El Primero Stratos Flyback Striking 10th 03.2060.4057/69.m2060

2012年にリリースされたゼニス エルプリメロ ストラトス ストライキング フライバック 1/10クロノグラフ 03.2060.4057/69.M2060。

通常60秒で一周するクロノグラフ針が10秒で1周します。

1秒ではなく1/10秒まで計測できるEl Primero Cal.4057が搭載されているんですね。

機械式でそこまで正確な計測が必要なのか?的な発想はこの際置いておき、技術力が凄いですね他に頑張るとこなかったんですか?と褒めてあげましょう。

 Felix Baumgartner lors de la Mission Red Bull Stratos

2012年「レッドブル・ストラトス」ミッションを遂行するフェリックス・バウムガートナー氏。

生身(と言っても相当な装備)で成層圏からダイビング!「音速越えたる!」

腕にはストラトス ストライキング フライバック 1/10クロノグラフが装備されていました。

ケース径 45.5mm 厚み14.5mm 重さ190グラム

自動巻きクロノグラフ El Primero 4057B (フライバック)

100m防水

パワーリザーブ50時間

セラミックベゼル シースルーバック

882,000円(税込)

ライオンみたな迫力ある回転ベゼル。

かつての名機レインボーフライバックの意匠を引き継ぐデザイン。

でも、ホラ、45.5mmって・・・

デカ過ぎでしょ???

もの凄くしっかりした作りですし、ズッシリと存在感もあるのですが、長時間着けるには大変な重さです。

とにかくゼニスが好き!、フライバックが大好物!、大きくないと時計じゃない!なんて方以外にはフィットしません。

14.5mm。

薄くはないです。

クラウンのスターマークが良いですね。

シースルーバックからムーブメントEl Primero 4057Bが覗けます。

クロノグラフ針の動きはゼニスの動画をチェック。

この映像を見ると、クロノグラフの動きより「え?宇宙から飛び降りたの?」と、フェリックス・バウムガートナー氏の偉業に目を見張ります。

プッシャーは大型で押しやすいですね。

グローブを着けていても大丈夫。

成層圏から飛び降りても大丈夫・・・

見た目は良いですよね。

中古なら50万円台で購入可能です。

クロノグラフ針の星マークも良いです。

ちょいちょいこういうの嬉しいですよね。

さて話は変わりますが、今年はなんと1/100秒を計測する新作が出ました。

先日、大丸東京で1秒で1周するクロノグラフを見てきましたが、なかなか動きが面白かったです。

1/100秒の世界 デファイ エル・プリメロ21「95.9000.9004/78.R582」ゼニスの新作時計 バーゼルワールド2017


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)