【レビュー】ロレックス GMTマスター 16750 プラ風防 R番 ペプシ

ROLEX GMT MASTER 3rd 16750 “PEPSI”

ロレックス スポロレ5桁の中古相場値上げが顕著になってきたこの頃、デイトナ16520に次ぐ急騰モデルがGMTマスターのペプシカラーです。

16750、16700、16710全てでじわじわと上がってきているのです。

次いでコーク、そしてブラックモノトーンはそうでもありません。

何故に「赤/青」ベゼルが良いんでしょうかね???

5桁なのにプラスチック風防な16750。

前期タイプのフチなしダイヤルだったらより高額で取引されます。

16750の保証書ありフチありで100万円オーバー。

フチなしになると200万円クラス。

パッと見は4桁GMT1675にも見違えますが、防水性のは倍の100mですし、ムーブメントも違います。

生産年数が短いことや耐久性など、1675ペプシより高い場合がありますね。

このくらいになってくると手が出ません・・・

さて、このGMTマスター 16750。

ジェネリックベゼルを搭載されているかと思われます。

この年式の物でここまで「濃いぃぃぃ」ブルーのベゼルはちょっとね。

個人でも難易度的にはそこまで高くないでしょうし、ベゼルはebayなどでも売ってます。

私はけっこう肯定的。

Rシリアルなので、最終生産時期でしょうか。

1988年頃と言えば30年ちかく前です。

オイスターブレスレット、オイスターケースは本当に頑丈ですね。

ケースのラインもしっかりしていて今後50年使えるのではないでしょうか?

このモコっとしたプラ風防が良い感じです。

風防、ベゼル、ケース、ケースバック

クラスプコードはM、88年頃の製造だとわかります。

オイスター3連ブレスレットは78360。

それではスマホのライトをあてて

手で覆うと・・・あ~光っちゃう。

そうなんです。

文字盤と針交換がされていたのです。

残念・・・。

プラ風防は良いですが、ルミノバはオススメできないな。

と、いうのが最近の5桁事情。

本当はご自身が良ければ何でも良いのです。

人それぞれ。

それにしても、いつの間にか16750もこんなプライスになっていたんですね。

どこかにプラOKトリチOKフチなし保ありがあったら即ゲットした方が良いですよ!

では。

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 57番 ペプシカラー

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.1675 “LONG E” “PEPSI” 28番

【レビュー】ロレックス “Fat Lady” 初代GMTマスターⅡ 16760 ’85年製

【レビュー】ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI スティックダイヤル

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 トロピカルダイヤル

【レビュー】ロレックス モノトーン・GMTマスターⅡ 116710LN グリーンカラーの24時間針

【レビュー】ロレックス 116710BLNR GMTマスターⅡ 黒と青の衝撃


#ZENMAIのココ東京


この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)