【レビュー】ロレックス モノトーン・GMTマスターⅡ 116710LN グリーンカラーの24時間針

ROLEX GMT Master II Black 116710LN  Ceramic Steel

2007年に6桁リファレンスに一新したGMT マスターⅡ 116710LN。

もう10年経ったんですねぇ・・・。

黒一色のシンプルなデザインで登場しましたが、そこはロレックス。

GMTハンドとモデル名はコーポレートカラーの「グリーン」を採用しました。

そして116718LNで初登場した「セラクロム回転ベゼル」をスティールのGMTマスターⅡにも搭載し、キズに強いモデルとして、格好良いピカピカスポーツモデルとして一躍大人気モデルになります。

40mmのケースサイズはそのままに、幅広になったラグが堅牢さを表現しています。

セラクロムベゼルの数字はプラチナコーティングされ高級感が増しています。

インデックスも大型化し視認性が向上しました。

とにかくスポロレの「新しい」時代を感じさせる存在感がありました。

セラミック製になった回転ベゼルのインサートは、とにかくキズに強くベースのスティール部分はキズつきますがインサートがボロボロなのは見たことがありません。

やや硬い何かで引っ搔いたようなキズはあるものの色抜け、つや消しなどの症状は10年経っても皆無ですね。

現在の国内定価は864,000円。

ブレスレットは78200、イージーリンクを搭載した頑丈で便利な仕様になっています。

キャリバー3186は旧モデル16710の後期型の一部から搭載された新型のムーブメントです。

スーパールミノヴァ夜光でスタートしましたが、ここ5年ほどでクロマライト夜光に変更になっています。

こちらは青と黒の2トーンベゼルの新作 116710BLNR。

スペックは同じですが、ベゼルカラーの違いで+50,000円の定価差額が発生しています。

実勢価格はもっと離れていますね(約20万円くらいの違いがあります)。

このBLNRが登場するや否や、116710LNの人気は旧落下しちゃいました。

因みに文字盤は同じものを使っているのかと思いましたが、やはりそこはロレックス。

BLNR用の文字盤を採用しています(因みにベゼルのカラー交換もできません)。

人気が無くなったとはいえ、それでも格好良いGMTマスターⅡノワール。

旧モデル16710の黒モノトーンベゼルも渋いモデルでしたが、この116710LNも6桁スポロレの渋いラインナップに加わるのでしょう。

そして言うのです「アッ、私はあまり派手なモデルが好きじゃなくて」と。

心の中でBLNRが欲しかったとしてもです。

現在では中古相場が70万円台半ば、並行新品が80万円台前半で推移しています。

サブマリーナーデイトばかりの周囲とは違うんだぞ!と言う理由で選んでも良いかも知れません。

スーツにも合う、使うかわからないけど3カ国の時刻表示ができる、100m防水で必要充分である、素直に格好良い。

もう選んじゃう理由は幾らでもありますよ。

夏にも良い、さらにはずっと使えるスポーツロレックスとして116710LNはかなりオススメです。

買う時計に迷ったら、派手好きじゃないアナタへ。

ではまた。

【レビュー】ロレックス 116710BLNR GMTマスターⅡ 黒と青の衝撃

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 57番 ペプシカラー

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.1675 “LONG E” “PEPSI” 28番

【レビュー】ロレックス “Fat Lady” 初代GMTマスターⅡ 16760 ’85年製

【レビュー】ロレックス GMTマスター 1675 トロピカルダイヤル

【レビュー】GMTマスター Ref.16758 18金無垢モデル 1980年代

【レビュー】ロレックス GMTマスターⅡ 16710 PEPSI スティックダイヤル

【レビュー】ロレックス GMTマスター Ref.16700

ロレックス 全歴代 GMTマスターI・II 歴史と愛蔵ファイル


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)