【レビュー】ランゲ&ゾーネ サクソニア フラッハ 211.032と ヴァシュロンコンスタンタン パトリモニー トラディショナル 82172/000G-9383

A. Lange & Söhne Saxonia Thin Rose Gold 211.032

今回のレビュー、まず1本目。

A.ランゲ&ゾーネの薄型手巻き時計サクソニア・フラッハの厚みはなんと5.9mm。

40mmのケース径は、シンプルな2針モデルだと大きく感じさせられます。

38mmくらいまでが調度良いのかも知れないなぁ~と思いました。

ですが、充分に雰囲気があって素敵なモデルですからね。

美しいし、格好良いですねぇ。

50代になったら、こんなモデルが似合う大人になっていたいです。

とてもキレイなフラットダイヤルに、バランスを崩さないバーインデックスとアルファーハンズ。

国内定価は2,592,000円です。

ほんのり赤みのあるローズゴールドケースが日本人の肌には合いますね。

キャリバーL093.1。

伝統の3/4プレートに、ごちゃごちゃした装飾もなく至極シンプルで好感が持てます。

この薄さで72時間ものパワーリザーブがあります。

2011年に誕生したフラッハ、ランゲ&ゾーネ初の2針モデル。

何もかもをそぎ落とした「シンプル」を好む方へオススメしたいです。

2016年には文字盤がマイナーチェンジ。

違いがわかりますか?

型番が211.033に変更されています。

ヒントはインデックス!

※関係ないですがランゲの公式は10時10分じゃなく1時50分なんです

厚み5.9mm。

薄く着け心地も良いですね。

文字盤のマイナーチェンジの答えはわかったでしょうか?

答えはインデックスが長くなり、ドットポイントが無くなりました。

 

 VACHERON CONSTANTIN Patrimony Traditionnelle 82172/000G-9383

2本目。

こちらはパトリモニー・トラディショナル 3針手巻きモデル 82172/000G-9383です。

厚みは7.7mmとサクソニアフラッハには及びませんがサイズ感はこちらの方が良い気もします。

 スモールセコンドとドーフィンハンズが凛々しさを醸し出しています。

格好良いですねぇ。

パトリモニーって今は言わないんですかね?

トラディショナルだけの表示になっています。

ヴァシュロン・コンスタンタン

トラディショナル

82172/000G-9383

キャリバー4400AS(手巻き パワーリザーブ65時間)

18Kホワイトゴールド

38mm

国内定価2,214,000円

やはり私のような細腕には、ドレスモデルは38mmくらいまでが調度良いです。

マルタ十字をモチーフにした尾錠ももちろんホワイトゴールド。

ジュネーブ・シール認定のキャリバー 4400 AS

無駄な装飾もなくコート・ド・ジュネーブが只々美しいです。

ジュネーブシールは見つけられましたか?

7.7mmですが、充分薄いですね。

こんな「おとな」なモデルが似合うような人間になりたいなぁ。

一生なれないってこともあるかも知れません・・・

パテックフィリップのカラトラバ、グランドセイコーの9S64(手巻きムーブメント)搭載モデルも良いですよね。

SBGW252 38mm

5196J-001 37mm

眺めているだけでため息が出ます。

では!

極薄と耐久性と高級感は共存できるのだろうか?高級腕時計の厚さ対決!


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)