【レビュー】IWC GST アクアタイマー 3536-02 SS 42mm 2000m防水

1998 IWC Aquatimer GST Automatic-2000 Ref. 3536-02

GSTシリーズは1997年に誕生します。

Gはゴールド、Sはステンレス、Tはチタンを使ったプロフェッショナルモデルの総称です。

翌年98年に誕生したアクアタイマーはチタン製のIW353601と、SSのIW353602の2種類。

名機OCEAN2000のDNAを受け継ぎます。

「ocean2000」の画像検索結果

IWC Porsche Design Ocean 2000 Automatic Titanium

1982年に誕生したポルシェデザインとの共作「オーシャン2000」。

当時では珍しいチタンケースに2000mと言う驚異的な防水性を誇った最強のダイバーウォッチでした。

西ドイツ軍の依頼で製造されたミッションダイバー。

“BUND”と言うのは西ドイツ軍のことですね。

“3H”は放射性物質使ってますよって言うアレです、”T”マークとかと同様な軍企画系サイン。

オーシャン2000の中でもミリタリー仕様の”BUND”は大人気で、100万円以上するんですよ。

黒いベゼルと赤い(オレンジ)短針が特徴で(クォーツモデルもあります)、

ケースバックには”BUND”と”6645-12-***-****”のナンバーが刻印されます。

アクアタイマーに話を戻します。

以前はオーシャン2000に似たチタン製のIW353601の方が軽くて、色も黒っぽくて良いなぁって思っていましたが

今ではスチールの方がビカビカして迫力があり超格好良い!と感じるようになりました。

チタンには出せないオーラと輝きです。

IWCの時計で防水性があるモデルには竜頭に「サカナ」のマークが記されています。

約15mmちかい厚みのある頑強なケース。

ブレスレットは内側の丸いボタンを押し込んで、横からピンを抜くことで簡単に調整できます。

デザインは「地味」な、装飾が一切ない「武骨」な腕時計です。

このシンプルさが非常に格好良い。

やっぱりIWCは90年代が1番格好良いですね。

マーク15もフリーガークロノも、色褪せない傑作は全て90年代です。

オーシャン2000もそうですが、当時としては大きめな42mmのケース径。

迫力がありますね。

今のIWCでは作れない格好良さ!

激渋!

そしてオーバースペックな防水2000m。

ダイバーウォッチなのにクラウンガードが無いさっぱりしたデザイン最高。

ムーブメントはETAベースですので、特筆すべき点はありません。

2000年にリシュモングループに入ることで華美な方向へと進んでいったIWC。

2004年には新しいアクアタイマーへと移行し、カラーが目立つダイバーウォッチシリーズになってしまいました。

もうオーシャン2000の面影はまるでありません・・・。

セールス的には今の方が良いのでしょうけど、懐古厨なオジサンにはこの頃のモデルたちが1番素敵に見えます。

ETA2892ベースのcal-37524が搭載されています。

これはマーク15も同じムーブメントですね。

2000m防水なんて人生でまったく必要ありませんね。

男気あふれるオーバースペック。

インサート式ではなく直接浮き出している目盛。

エンボス加工的なね。

押し込みながら回す仕様です。

誤動作防止の逆回転防止ベゼル。

サカナさん。

ウェットスーツ+グローブ着用時でも操作しやすいように加工されているベゼルエッジ。

ケースバックには潜水艦のレリーフ。

専用のピンで押し出す仕様のブレスレット。

自分で簡単にできます。

厚みがあるので存在感抜群。

格好良い!

 

【レビュー】IWC マーク15 パイロットウォッチ 3253-001 (IW325301 Mark XV)

IWC パイロットウォッチ メカニカル フリーガー クロノグラフ IW370607 Ref.3706-07

IWC Ref.3705 メカニカル フリーガークロノグラフ ブラックセラミックのパイロットウォッチ

IWCの魅力とおすすめモデル


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)