パネライ ルミノール パワーリザーブ PAM00090 44mmと新しいモデル PAM01090

Panerai Luminor Power Reserve Automatic Acciaio PAM00090

2007年。仕事帰りだったと思います、有楽町駅前にあったコメ兵で購入したパネライ2本目のパワーリザーブPAM90。

ウィンドウショッピングのつもりで見てたのですが、出会っちゃいましたねぇ。

めちゃくちゃ格好良く見えたPAM00090。

購入価格は548,000円(たしか)、当時はこの値段でも安かったのです。

リーマンショック前までは、異常なほどのパネライブームでした。

デビットカードで支払おうと思ったんですけど、私の設定が初期設定?だったため50万円までしか払えず、手出しで48,000円

凄い恥ずかしかったです(笑)

PAM90は44mmのルミノールケースに、自動巻きムーブメントOP IX(バルジュー7750ベース)を搭載した防水300mの超格好良いパネライウォッチです。

2001年にリリースされ、未だにラインナップされています。

パネライの中では型番がそのまま変わらず続く超長寿モデル!

LUMINOR POWER RESERVE AUTOMATIC ACCIAIO – 44MM PAM00090

885,600円が現在の定価です。

ですが、これも今年で生産終了でしょう。

まだホームページには載っていますが、同時に新作も掲載されています。

ジャーン!

LUMINOR POWER RESERVE AUTOMATIC ACCIAIO – 44MM PAM01090

こちらがPAM1090は2017年の新作で進化版。

「何が変わったの?」

見てください!パワーリザーブインジケーターの数字が「50」に伸びてる(笑)

もっと伸びろ!

ムーブメントはパネライOP XXXII が搭載されています。

定価は変わらず885,600円。

このパネライOP XXXIIもバルジュー7750がベースなんですね。

こちらは私のPAM90。

文字盤上のパワーリザーブゲージを見ていただくとわかるのですが「40」までしかありません。

実際は42時間。最近の3日巻には遠く及びません。

写真がボケちゃってますが「E番」でした。

Aが1998年だから、2002年製造ですか。

5年落ちの中古品でした。

クロノメーター証明もギャランティカードもあります。

コメ兵の保証もありますね。

時間を10時10分に合わせて写真を撮る文化が浸透していませんでしたね(笑)

見よう見真似で撮ったのかな?

2時50分(笑)

2008年当時の写真。

黒文字盤ばっかりだな・・・

パネライは計3本買ったので、都度都度ストラップを増やしていました。

このPAM90は尾錠でしたが、Dバックル付きのストラップも手に入れて着せ替えを楽しみました。

カウッチュウなラバーストラップが1番好きです。

やっぱり格好良い。

バランス良いですよねぇ。

パワーリザーブインジケーターってなかなかバランスが大変だと思うんですよ。

基本腕時計の文字盤ってシンメトリーじゃないですか?

パネライも初期はシンメトリーのパワーリザーブインジケーターだったんですが、このPAM90は奇跡的な絶妙な配置を生み出しました。こんなに格好良いパワーリザーブの配置が他にありますか???

グランドセイコーは好きなんですが、スプリングドライブのインジケーターデザインが好きじゃありません。

本当にシンプルな文字盤であればあるほど、このゲージの位置は重要になります。

なんだかんだで手放しちゃいましたが、やっぱり好きですね。

今買うならPAM01090の方がパワーリザーブも8時間延びてますので良いかも知れません。

自動巻きのルミノールなんて邪道だ!とか言っていないで「便利」なオートマチックいかがですか?

私は「邪道だ」って声に惑わされましたけどね(笑)

パネライ サブマーシブル PAM00024 44mm 300m防水

パネライ ルミノールマリーナレフトハンド PAM00115

パネライ 44mm ルミノールマリーナのストラップを交換する


#ZENMAIのココ東京


SNS Share