オメガもロレックスもチュードルもティザームービー開始!バーゼルワールド2017

バーゼルワールド2017も、あと3日。

各メーカーも焦らし作戦のティーザー広告を続々投稿しています。

主にツィッターやインスタグラムなどのSNSで日本時間の20-22時当たりは要チェックですね!

オメガ OMEGA

ブロードアロー+シーホース+機関室をイメージさせるガシャガシャする音

これはレイルマスターに間違いないでしょう!

Omega CK 2913Seamaster, CK 2914 Railmaster, and CK 2915 Speedmaster

 

初代レイルマスター CK 2914は鉄道員用の耐磁時計です。

シンプルで格好良いですねぇ。

そして第2弾は

ブロードアロー+回転ベゼル+水中での酸素ボンベ呼吸をイメージさせる音

間違いなくシーマスター300ですね。

初代シーマスター300 CK 2913はダイビング用の防水時計です。

残すはスピードマスターだけですね!

そしてそして第3弾!

きましたねぇスピードマスター。

ブロードアロー+手巻き+シーホース

音の意味はちょっとわかりませんでしたがファーストモデルのSSベゼルのスピードマスター復刻でしょう。

左右対称のケースもヨダレが出そうです。

初代スピードマスター CK 2915は軟鉄シールドが入っていましたが新作はムーブメント自体に耐磁性があるものでしょうね。

わくわくしますねぇ。待ち遠しい!

バーゼルワールド2017で60周年モデルは発表されるのか?1957年生まれのオメガ・プロフェッショナル3部作

予想的中!願望的中まで、あと1日

バーゼルワールド 2017 オメガ 新作モデル 全コレクション

3,557本世界限定 オメガ 60周年トリロジー スピードマスター シーマスター300 レイルマスター バーゼルワールド2017

 

ロレックス ROLEX

サイクロプスレンズに目が行きますね。

何かしら驚くような「意味」があるのでしょう。

ロレックスパッションレポートではシードゥエラー(サブマリーナー)が43mmになって赤ロゴの新モデルが出ると予想しています。

シードゥエラーの超防水に耐えうるサイクロプスレンズ技術が向上したとの話ですが・・・。

本当でしょうか?

でもレンズ待望論は聞いたことないし、むしろレンズ無しだからこそシードゥエラーは格好良いと思うのです。

これが50周年記念のシードだったらガッカリですね。

そしてもう1つ。

またもや「気になる」形状の何か。

何だかリューズ上下にプッシャーのようなものが・・・

まさかね。

まさか無いよね?デイトナにデイト表示(笑)

これが一体何なのか発表が楽しみです!

ZENMAIの大予想!ロレックスのバーゼルワールド2017発表モデル

ロレックス シードゥエラー50周年モデルを予想しよう!1967-2017

バーゼルワールド 2017 ロレックス 新作モデル 全コレクション

チュードル TUDOR

何だかとってもボリューミー。

男性がスポーツモデル用のボックスを開けます(たぶんドレスモデルは内側がブラウンだったような)。

その男性の左腕にはブラックベイが装着されているので、この箱の中身もダイバーズかと思ったのですが・・・

第2弾ではデニム素材のファブリックストラップを着けていました。

う~ん。バックルもSSっぽいので「ブロンズ」の新作では無さそうですし、かといってプロダイバーではストラップの強度が心配です。

と、なるとカジュアルなセミスポーツ。

くるか?オシャレなレンジャー復刻が。

でも渋く復活してほしかったからなぁ・・・それは残念なのです。

チュードル新作 第1弾 ティーザー広告の正体はこのモデル バーゼルワールド2017 ブラックベイクロノ

チュードルの新作 ヘリテージ ブラックベイ クロノ Ref.79350 41mm バーゼルワールド2017

チュードルの新作 ヘリテージブラックベイ スティール Ref.79730 バーゼルワールド2017

チュードルの新作 ヘリテージブラックベイ41 Ref.79540 バーゼルワールド2017

[大予想]チュードルの新作は何だろう? バーゼルワールド2017の前に昨年のモデルをおさらいしよう。


#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)