【レビュー】IWC パイロットウォッチ メカニカル フリーガー クロノグラフ IW370607 Ref.3706-07

IWC MECHANICAL FLIEGER CHRONOGRAPH Ref.3706

本来IW370607はSSブレスモデルなんですが、ブレスレットが破損してNATOベルトにしています。

私の中でIWCと言えば、このパイロットウォッチシリーズのメカニカルフリーガークロノか、97年の武骨アクアタイマーですね。

時計に興味を持ち始めた頃にマーク15が推されていましたが、こちらの端正なフェイスのクロノグラフに惹かれました。

Ref.3706は1994年にリリースされました。

バルジュー7750を搭載し、60m防水、耐磁性能を持つパイロットウォッチです。

IWCはスイスのメーカーですが、ドイツ寄りの「質実剛健」な男らしいデザインが魅力です。

39mmのケースサイズも良いですね。

デイデイト表示もあり、なかなかの格好良さだと思いませんか?

インナーケースを搭載するので15mmと結構厚めです。

この軟鉄製のインナーケースのおかげで高耐磁性能を実現しています。

飛行機のコックピットは磁気だらけだったんですかね。

現代社会は磁気帯びの故障が多いので、機械式の時計は耐磁性能を常設してほしいです。

耐磁時計でないならパソコンの近く、家電の近く、携帯電話の近く15cmに近づけない方が良いですよ。

 

国内定価619,500円。

一時期20万円台でも購入できました。まぁ、たいして今も値段に動きはありませんが(笑)

この3706は既に生産終了になったモデルですが、まずまずの人気が続いていますね。

一回り大きくTOKIOの国分太一さんも着けてるドッペルクロノ(DOPPELCHRONOGRAPH REF.3711)も人気がありました。

 

ドッペルクロノはスプリットセコンドクロノグラフのことです。

クロノグラフをスタートさせると2つのクロノ針が同時に進み、11時位置のプッシャーを押すと1つの針が止まり、もう1つの針は動いたままになります。

説明がヘタクソで申し訳ありません。

スタートが同時で、ゴールがバラバラ(1位と2位とか)や、1週目と2週目の計測などに使えますね。

動画を見ていただくと早いかな。

最近のIWCはだいぶ華美になってしまって、この頃の格好良さは無くなりましたが、売れているので時代はそちらを選んだのでしょう。

わたしみたいなオジサンの回顧主義野郎は放っておいてください。

未だにマーク12や、フリーガークロノが好きなんです。

マーク15も初期のなら好きだな、バトンハンドが好きなんですね。

なんとも言えない哀愁を感じます。

トリチウムとケースサイズのせいなんですけどね(笑)

ではまた!

【レビュー】IWC GST アクアタイマー 3536-02 SS 42mm 2000m防水

IWC Ref.3705 メカニカル フリーガークロノグラフ ブラックセラミックのパイロットウォッチ

【レビュー】IWC マーク15 パイロットウォッチ 3253-001 (IW325301 Mark XV)

◆ウォッチモンスターのIWC記事はこちらから

http://watch-monster.com/tags/IWC

#ZENMAIのココ東京


SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)