【レビュー】ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤

実際どうなの?ロレックス 新型デイトナ 116500LN 白文字盤「黒も良いけど、やっぱり白かな?

本命は、やはり白文字盤の新型デイトナですね!

このデザインの格好良さは他にはありません。

実際に比べてみると黒よりも白の方が「あたらしいデイトナ」感を味わえるのがわかります。

ただ、まぁ結論を先に言えば「どっちが格好良いのか?」なんて質問には、完全に個人の「好み」だとしか言えません。

前回レビューした「黒文字盤」のデイトナ116500LN。
1ヵ月たった今も「白文字盤」の方が高値を付けており、市場にも新品・中古とも数が少ない印象です。

と、言う事で「本当に白文字盤の方が格好良いのか?」じっくり見ていこうかと思います。

ロレックス コスモグラフ デイトナ ウォッチ : 904L スチール – 116500LN

 (101801)
昨年5月のリリースから既に8ヵ月が経とうとしていますが、まったく値段が下がる気配のない新コスモグラフ・デイトナ116500LN。
特に白文字盤の並行新品価格は200万円以上をキープしています。
夏以降円高が続き一時期190万円台前半くらいまで落ちてきましたが、トランプ円安や年末商戦の影響で再び上昇し今に至ります。
 (101807)
ステンレスのクロノグラフで200万円かぁ・・・。
と、つぶやいてしまいますが、それはそれ。
やはりデイトナは格好良いですね。

私としては「デイトナ全般」が格好良い感じるわけでもありません。
とくに5桁6桁のデイトナはSSもロレゾールも金無垢も興味が全くありませんでした。
しかしこの116500LNは良い。
本当に良い。
ベゼルのセラクロム化、インダイヤル縁の黒色化だけでここまで格好良くなるとは驚きです。
作りもしっかりしていますし、軽くて着け心地も良いですね。

 (101808)
しかし・・・このあたりは、前回見た黒文字盤も同じこと。

では、なぜに「白文字盤」の方が高いのか?

 (101809)
インパクトのある「白・黒」ハッキリしたコントラストの強いデザイン。
手巻きデイトナを彷彿させるブラックカラーのベゼル。
遠目に見て「あっ新しいデイトナだ」と気付かれるステイタス性。

つまり「目立つ」のが白文字盤だから、人気があり値段が高いのでしょう。

 (101810)
更に全モデルの116520白文字盤との「差異」もポイントになっているのだと思います。

1つはベゼルとインダイヤルで、すでに画像などでもわかりますね。
もう1つ「白さ」が違います。
素材が変わったと言った方がわかりやすいですかね?
価格コムのタイトルにあるようにホワイトラッカーと言うんでしょうか、光沢のあるややオフホワイトの文字盤です。
変色などには強そうです。

 (101811)
ポーセリンダイヤルが高騰している初期型16520のように、艶のある魅力的な文字盤です。
 (101812)
いやぁ、素晴らしい着け心地ですね(笑)
軽い!フィット感良い!サイズも40mmと大き過ぎない!

そして視認性が黒文字盤より良いです。

 (101889)
ではスペックをおさらいしましょう。
<リファレンス 116500LN>
904L スチールケース40 mm
ブラック モノブロック セラクロムベゼル
トリプロック
防水性能100m
機械式クロノグラフ 自動巻キャリバー4130
パワーリザーブ約 72 時間
クロマライト ディスプレイ (青色発光の長時間継続ルミネッセンス)
高精度クロノメーター (COSC)認定
国内定価 1,274,400円(税込)
 (101814)
なかなか正規店で定価購入するのは難しいでしょう。
わたくしZENMAIも過去に1度しかデイトナが並んでいるのを見たことありません。

いつでも見つけた時は買えるように準備しておかなくてはいけませんね。
カードのショッピング枠・・・大丈夫かな

 (101815)
サイド面はポリッシュ仕上げ。

キズが付きやすそうですね。

 (101816)
ブレスレットの表面は中央がポリッシュ、両脇がヘアライン仕上げです。
 (101817)
バックルのプレート部は鏡面仕上げになっています。
 (101818)
文字盤にズームイン!

白文字盤の上に黒いインクで記載されているモデル名。
ロレックス オイスター パーペチュアル コスモグラフ(デイトナ)とクロノメーター認定

DAYTONAは赤文字。
マーク1はヒゲなしゴシック表記。
 (101820)
スモールセコンドの5秒の線と55秒の線と同幅の「DAYTONA」の文字。
 (101821)
セラクロムベゼル
 (101822)
UNITS PER HOURの書体に今後変化があるのだろうか?
 (101823)
マーク1はBIG SWISSですね。

フォントの違い

116500LN

116500LN

116500LNの文字盤拡大図(やや下側から撮ってますので末広がりになっています)
クロノグラフ針をどかしてみました。

あら?116520との違いが少しありますね。

116520

116520

こちらはランダム番の116520 白文字盤。
 (101920)
王冠のサイズに合わせて重ねてみますと、116500LNの方がギュッとしてますね。
コンパクトになっています。
アルファベットの隙間幅が狭く、OYSTERの「O」の形も違うように感じます。
SUPERの「S」や、ROLEX以外の「E」の形も違いますね。
Eは116520が真ん中の棒が短いのに対し、116500LNは3本とも均等です。
COSMOGRAPHの「M」「G」も丸みがあって可愛らしい。
116500LN

116500LN

HPの画像を確認すると、どちらとも同じじゃありませんでした。
とくに今回の116500LNのCOSMOGRAPHの字は全然違います。
 (101961)
こちらトケマーで売っていた116500LNの画像。

バランスはHPに似ていますが、Rの形などやっぱり微妙にフォントが違います。
マーク1ってどれだけ種類があるんだろう?(笑)
共通しているのはBIG SWISSだけですね。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロレックス ROLEX コスモグラフ デイトナ 116500LN 【新品】 時計 メンズ
価格:2223600円(税込、送料無料) (2017/1/30時点)

 

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/o3U60

 

 

【レビュー】ロレックス 新型デイトナ 116500LN 黒文字盤


#ZENMAIのココ東京


SNS Share