10年間ダウンジャケットを着てきて思ったこと ~ZENMAI~

40代のメンズ・ダウンジャケット5選 ~10年ダウンを着てきて思ったこと~

色んな物を集めたり、買ったりするのが好きなので少しずつですが、記事にしていこうかと思います。

で、今回はダウンジャケットです。

冬のファッションアイコンですね。

今まで着てきたダウンジャケットを感想と一緒にご紹介していきますまた初めてダウンを買う方へ今年のおすすめも5着用意しました。何かの参考になれば。

2006 フレッツ光CM

2006 フレッツ光CM

ここ10年、とにかく流行った冬のファッション・アイコン「ダウンジャケット」。
カジュアルなファッションを好む私も、それまでダッフルコートやPコートなどを好んで着ていましたが、あのCMをきっかけにダウンジャケットの虜となっていくのです(笑)私の愛したダウンジャケット。
その履歴です。


2005年 THE NORTH FACE MCMURDO PARKA

WOODLAND

WOODLAND

2005年
東京に住んでいた30歳の私。K1ファイターのバダ・ハリ(Badr Hari)が着ていたノースフェイスのダウンジャケットに一目惚れ。
さっそくネットで探しました。
楽天市場で約25,000円で購入したのはマクマードパーカー(McMurdo Parka)のウッドランドカモ。
S(SP)サイズを購入するも173cmの私には大きかったな・・・
B系ファッションなどにはフィットするのでしょうが、30代になったZENMAIにはちょっとね。えぇ。

このマクマードパーカー(N-3Bタイプ)と翌年はゴッサムジャケット(N-2Bタイプ)を購入しますが、よっぽど体格の良い方でないとなかなか似合いませんね。
良い点は、ナイロン生地。
ゴワゴワと堅いですが、水や汚れに強く雨の日でも気にせず着れます。
それととても暖かい。

悪い点は重いことと、ファーがフェイクで安っぽい感じがすることですね。
フェイクファーは取れるので、スグに外してしまいました。
重いから暑い・・・って感じもします。

まだ高級ダウンの魅力を知らない若造でした。

ゴッサムジャケット ND01557

ゴッサムジャケット ND01557

アイロンタグがボロボロ

アイロンタグがボロボロ

表地も裏地も超強靭!さすがアウトドアブランド

表地も裏地も超強靭!さすがアウトドアブランド


2006年 DUVETICA VEGA

 (87312)
2006年
宮城県は仙台に転勤しました。この年の1月、NTTフレッツ光のCMで事件は起きました。
当時ファションリーダーの名を恣にしていた男SMAPの木村拓哉さん。
左肩にとんでもなくアピールしているパッチが付いたムラサキ色のダウンジャケットを着ていたのです。
彼が着た、彼の乗った、彼の髪型が全てが流行ったあの頃。
当然のごとく大ブレークします。
monclerを「モンクレール」?「モンクレー」?など読み方もわからなかった時代です。

 (91720)
質問「キムタクダウン」2006-01-10
キムタクがフレッツ光で着ているダウンの詳細を教えてください!
できればどこで扱っているかも教えていただけると幸いです。
よろしくお願いします。
おはようございます。
キムタクがフランダースの犬をみて泣くCMの事ですよね?
まったく自信はないのですが、あの光沢感からいってモンクレールではないでしょうか?
ダウンジャケットの中でも超一流メーカーで値段もかなりのものです。

楽天市場を覗けば、ベニスやヒマラヤなどの名が付いたモコモコしたダウンジャケットが販売されていました。

カラフルなマットなもの、光沢のあるものなど40,000円くらいから出品されていましたが、
肩に大きなワッペンロゴの付いたキムタクダウンは売っていません。
CM後に急激にプレミアム化し、在庫が枯渇したのでしょう。
ヤフオクなどでは10万円オーバー。

因みに木村拓哉さんが着ていたのは「エベレスト」のシャイニーパープル。
今まで「ムラサキ」の洋服なんて着てもいない若者たちが、シャイニーパープルの争奪戦を繰り広げていたのです。

「正規品」と「並行輸入品」

ネットで調べると「修理は正規品に限ります」との触れ込みがありました。
当時の正規輸入代理店は、ペッパージャパンやスープリームスでしたが正規品でないと「やぶれ」などを補修してくれないと言うのです。
内側のタグにアイロンシールが貼られていて、それが正規品か並行輸入品かの見極めポイントでしたね。
これがオークションなどの値段の差に影響します。
少し安い出品だと「並行品」だったりして「価値が無い」などの判定をされたのです。
またニセモノも多く出回りました。

 (87372)
2006年の8月 同僚が「BEAMSでモンクレー予約できますよ」と教えてくれました。
この頃は「モンクレー」と言う人が多かったような気がします。

予約ができると聞いたのでBEAMSに行ってみると・・・なんとキムタクダウンのエベレストがありません。
その年その年で作るカラーが違ったり、日本にすべての種類を輸入していないとのことでした。
黒いピカピカ光沢のあるK2も格好良かったですが、当時はエベレストが欲しかったのであきらめました。

代わりに購入したのはDUVETICA(デュベティカ)のVEGA。
当時の定価が77,000円だったかと思います。
太いラクーンファーがゴージャスなシンプルなダウンジャケットです。

デュベティカは当時知る人が少ないブランドでした。
モンクレール人気がダウンジャケット人気になり、注目を浴びた新鋭ブランドですね。
モンクレールの元社長が立ち上げたオシャレ・ダウンメーカーとの触れ込みで、
仙台の洋服屋さんに強く勧められたのを覚えています。

デュベティカ ベガの良い点
軽い、暖かい、ロゴなど無くて飽きない、ファーの取り外しができる

悪い点は、とくにありませんね。
10年経った今でも着ています。
しいて挙げれば、今はもう流行ってないってことですかね(笑)

VEGA

VEGA

エフイーエヌ

エフイーエヌ


2006年 CANADA GOOSE Constable Parka

 (87382)
2006年
デュベティカを買って、すっかりダウンジャケットの虜になりました(笑)
すでにノースフェイスは重すぎて着ていませんでしたが、また重たいダウンに魅せられます。

2004年の映画「デイ・アフター・トゥモロー」で主人公のオジサン達3人組が着ていた防寒着覚えていますか?

 (87384)
これ(黄色いの)が、カナダグースでした。

アラスカや北極探検などにも使用されるリアル・ダウンジャケットです。
2009年には日清のCMで犬ぞりに乗る木村拓哉さんがカナダグース エクスペディションパーカーの赤を着ていました。

私の買ったモデルはコンスタブルパーカー(Constable Parka)です。
他にもコヨーテファーが格好良いモデルなど幾つかありましたが、デュベティカのベガでファー物は持っていたのでシンプルなモデルを選びました。
当時で50,000円くらいだったような記憶です。
Sサイズでもやはり大きく、XSでも良い感じですね。
XXS(2XS)やボーイズなどもあり、現在とは違い日本人向けには作られていませんでした。

カナダグースの良い点は
丈夫、とにかく丈夫、暖かい、水に強い、汚れにくい
ポケットがたくさんある(バッグが不要なくらいたくさんあります)

悪い点は「重い」。
ただただ重いのです。
長時間着ると肩が凝るとまでは行きませんが、けっこう疲れます。

こちらも未だに毎年着ています。
さすがに黒のナイロンの退色がチラホラ見受けられます。

 (91721)
日清カップヌードルのCM(2009年)
木村さんが世界中を巡ってカップヌードルを食べるシリーズでした。
コーポレートカラーの「赤」の服をよく着ていましたので、カナダグースも「赤」を選んだようですが・・・
CM放送当時は赤の エクスペディションパーカは流行りませんでしたね。
と言うより、2012年までカナダグース自体あまり知られていなかったのかと思います。
カナダグースは10年、グリーンサブは8年選手

カナダグースは10年、グリーンサブは8年選手

S/Pでも日本サイズLより大きいかも

S/Pでも日本サイズLより大きいかも

グリフィンインターナショナル

グリフィンインターナショナル


2007年 MONCLER K2

 (87309)
2007年
今年こそはモンクレールが欲しい!募る思いを胸に
BEAMSやSHIPS、ユナイテッドアローズなど予約できるお店をくまなく訪ねました(笑)
どんどん国内定価も上がってしまうので、買うのも早い方が賢明でした。

購入したのはK2 シャイニーネイビー
当時の定価で12万円くらいだったと思います。
試着した結果、サイズ0ではタイトすぎたのでサイズ1を選びました。

K2はフードを外せて便利ですね。
縫製が粗いと言われていましたが、デュベティカやカナダグースよりは良く感じました。
こちらも未だにファー抜けなど目立ったダメージはありません。
※3年目くらいに内側のアニメタグは、ペロ~ンと半分剥がれてしまいました。

このカモフラージュ柄のエベレストとヒマラヤは2007年のモデルですが、日本国内ではBEAMSだけが販売していました。
カモ好きな私でしたが残念ながら抽選に外れました。

今でもちょっと欲しいと思っています(笑)
当時はかなりのプレミアム価格になっていたんですよ。

(悲)アニメタグ下半分の縫製が・・・ぺろ~ん

(悲)アニメタグ下半分の縫製が・・・ぺろ~ん


2008年 PATAGONIA DOWN SWEATER

 (87457)
2008年
このダウンセーターなる、上着の下に着るダウンが思いのほか便利でした。
仙台の冬はもちろん寒く、氷点下になることもしばしば。
Yシャツの上にサラっと羽織るだけでも充分暖かく、長時間外出する際は上にコートを着ればポカポカです。
ユニクロがスグにパクりましたね(笑)
「ウルトラライトダウン」の方が、今では有名です。

購入したのが2008年でしたが、楽天市場で当時12,000円くらいだったと思います。
その1年前か2年前か気になっていた時は「プルオーバー」スタイルだったのが
「フルジップ」に変わったので「これだ!」と思い飛び付きました!

これも今でも大活躍。
でもユニクロ?って聞かれるのが悲しい(笑)
グリーン好きの私は「ゲッコーグリーン」をチョイス。
因みにトレントシェルパーカも同じ色で買い揃えました。

84673F7

84673F7

 (90359)

2010年 TATRAS SARGAS

 (88412)
2010年
2008年に東京に戻ってきてから、やはりダウンジャケットは暑い・・・。
しかしダウンジャケット人気はまだまだ続いており、ヘルノや新鋭タトラスも気になります。
この時点でモンクレールは高価になりすぎて手が出ません(笑)

そこで並行品が30,000円を切る価格で売られていたタトラスのKRAZとSARGASで悩むことに。
人と被らないように(友人が黒のKRAZを買った)イエローグリーンのSARGASのサイズ2を選んでみました。

良い点
安い、暖かい、軽い、ラインがタイトでおしゃれ、ナイロンが柔らかい

悪い点
ナイロンが柔らかくキズなどが不安、1年で羽毛抜けが見受けられた、派手な色を買って着づらい(笑)

ナイロンの強さ(感覚)
1.カナダグース(ノースフェイス)
2.モンクレール
3.デュベティカ(パタゴニア)
4.タトラス

ナイロンの高級感
1.モンクレール
2.デュベティカ
3.タトラス
4.カナダグース

全体的にモンクレールがやはり良いですね。
ハリがあり高級感も強さも感じるナイロンです。

リープスアンドバウンズ

リープスアンドバウンズ

並行品だと思ってたけど正規なのかも(笑)
サルガスの型番はMTA-460-12かな?

サルガスの型番はMTA-460-12かな?


2013年 nano・universe 西川ダウン

西川ダウン ウールN-2B

西川ダウン ウールN-2B

via wear.jp
2013年
少しだけ話題になっていたナノユニバースと布団の西川とのコラボ・ダウンジャケット。
zozoタウンで先行予約していたので買ってみました。
30,000円くらいだったと思います。
サイズ感がややタイトで、Mを買いましたがLでも良かったかもしれません。

モンクレールのウール・ダウンが流行っていたので、西川ダウンもウールを選んでみました。
良い点。
安い、暖かい。流行りのウール生地。

悪い点。
シーズン中に羽毛が飛び出しました(笑)、ウールの表面に毛玉ができた。

 (90364)
NUC04DW384NS

NUC04DW384NS

オシャレなんだけどね・・・ケバケバが

オシャレなんだけどね・・・ケバケバが


2014年 Columbia × Kinetics Pyran Cliff Jacket

 (87464)
2014年
楽天市場のスーパーセールで40%オフで売られているダウンジャケットが目に留まりました。
渋谷のアパレルショップ「Kinetics」とコロンビアのいつものコラボなのですが、今回のカモ柄がステキ過ぎる!
しかも安い!25,000円の40%オフで15,000円ですよ。

良い点。
柄がかわいい、暖かい、安いので汚れても大丈夫。

悪い点。
ファーがアクリル?ノースフェイスよりショボイ、歩くとシャカシャカ音がする、40歳超えたら着るのが辛い(笑)

キネティックス・・・SEIKOではありません

キネティックス・・・SEIKOではありません

 (90372)
ダウンは70%です・・・

ダウンは70%です・・・


今、狙っているダウン NANGA×URBAN RESEARCH DOORS “Aurora×Camo”

 (87473)

¥30,240
10年経ち、モンクレールは1から2へ。
デュベティカは44から46へ。
カナダグースはXSから日本規格になったのでMへ。
タトラスは02から03でもキツイかな?(笑)
ノースフェイスはちょっとよくわかりません。
10年前は海外サイズでSPでした。
最近試着したゼウストリクライメイトジャケットはMでフィットしました。
パタゴニアもSです。
体型も緩やかなカーブが出来ています(笑)
173センチは変わりませんが、体重は10キロ以上増えましたからね。

ダウンジャケット。
この中で、どれが1番着ているか?と問われたら
デュベティカのベガですね。
間違いなく1番着ています。今でもダウンがパンパンで本当に買って良かった。
一生着れるダウンジャケットなど、無いと思っていましたがデュベティカのベガなら、もう10年は着れると思います。

2番目はパタゴニアのダウンセーター。
春と秋に大活躍です。
11月の手袋が必要な日でもダウンセーターの上にシャカシャカを着ればまったく寒くありません。

買って失敗だったのは西川ダウンとタトラス。
西川ダウンは安かろうでした、タトラスは黒やネイビーを選べばもっと着たのかも知れません。
私のチョイスミスで、タトラスは悪くないです。

モンクレールは3年4年は大活躍でしたが、大きなロゴが終わってしまってからは押入れに入りっぱなし。
たまには着ないとな。
でも、ちょっと恥ずかしいかも(笑)

で、今年・・・奥様がGOサインくれたらナンガダウンが気になっているので買ってみたいと思います。
中がカモ柄なんて本当に痺れる!
最高です。
去年 試着しましたが凄く軽くてシンプルで良かったです。


おすすめ5選

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/aTAwB

 

 

 

 

2007年 モンクレール K2 ビッグワッペン

2006年 カナダグース コンスターブルパーカ 4071M

2006年 デュベティカ ベガ ラクーンファー 46

 

2006年 ノースフェイス ゴッサムジャケット N-2B ND01557 SP

#ZENMAIのココ東京

 

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)