魅惑のブロンズ時計 ANCON Watches challeger 47mmを買ってみた!個人輸入に挑戦/ブロンズ変色日記

どうしてもブロンズ(青銅)製の時計が欲しい、しかしパネライなんか高すぎるし手に入らない。

チュードルのブラックベイが本命だけど、まだまだ市場に出てこない。

そこで、前回「青サビ?【エイジングを楽しもう】ブロンズ時計の魅力」で取り上げた香港のオマージュウォッチメーカーANCON WATCHES(アンコン)に照準を絞りました。

さて初めての個人輸入・・・ちゃんと届くかな?

ANCON challeger47mm Bronze

Challenger 47mm CH002

Challenger 47mm CH002

ANCON Watchesは前回と同じ説明になりますけど、アメリカ系?香港のオマージュウォッチメーカーです。
パネライやロレックスのオマージュを独自のデザインに落とし込み、薄いターゲット相手に商売しています。
現在 日本にはアンコンの代理店が無いので、アンコンの時計が欲しい場合、ほとんどの方は個人で直接注文しなくてはいけない状況です。
国内のAmazonでポチっとするのとはハードルの高さが全然違います。わたくしココ東京も、小心者なので結構悩みました(笑)
しかし「物欲」に負け、決死の覚悟で「ADD TO CART」を押すことに!
注文したのはChallenger 47mm CH002と言うブロンズケースのダイバーズモデルです。

悩んだポイントを挙げていきます。

一つは、「そもそも こんな時計が必要なのだろうか?」

もう一つは、「個人輸入初めてだし、ちゃんと手元に届くのだろうか?」
この2点。

まず、本当に買うの?必要なの?
と、言う疑問をしばらく自問自答。

本家パネライも持っているのですが、ケントレーディングに手を出したりジャーマニーマリーナミリターレに手を出したりと
前からオマージュウォッチが大好きなんです私。
貧乏人なんで、本当に欲しい時計ばっかり買っていたら借金まみれになってしまいますからね。
物欲処理に、なんちゃってをたまに買うんです。
アンコンのチャレンジャーはブロンズのチュードル ブラックベイの10分の1のプライスだし、
画像の見た目も格好良いし・・・くらいの軽い感じでゴーサイン。
初のブロンズ・マテリアルです。

問題はもう一つの方で、お金払ったのに届かなかったら、どうしよう?
これ1番怖いです。
5万円程度なので大ダメージではないにしても、ハートにキちゃいますね届かなかったら。
おっさんの私は英語も得意じゃないので、海外サイトで購入するのはハードルがやや高め・・・。
心配になりながらも・・・海外のレビューなど見ながら注文ボタンを押すのでした。

個人輸入 アンコン・ウォッチズの買い方

ANCON Watches - The legend (61972)

初めてアンコンのメーカーページに行きますと、どこにモデル紹介があるのかわかりません(笑)

6角形にAのロゴにマウスを重ねるか、スマホでしたらタップすると
「アクセサリー」「モデル」「ジャーナル」「ディーラー」とアイコンが出てきます。

「モデル」をクリックすると、現在購入可能な生産ラインが表示されますね。
生産終了した以前のモデルなどは出てきません。
パネライに超ソックリなアンコン・ミリタリー・シリーズなどはディーラーに在庫があれば、まだ買えます。
PVD加工されたモデルも400USドル台で購入できるので、ご興味ある方は検索してみてください。

ANCON Military MIL002

€349.00
The ANCON Military MIL002 is a gorgeous watch with a very cool classic army design. Under the hood you´ll find a reliable, high quality, automatic Japanese Miyota 90S5 28800bph movement. SeriousWatches is an authorised dealer of ANCON watches.

ANCON SEA SHADOW III MAGNUM SEA303

€549.00
The ANCON SEA SHADOW III MAGNUM SEA303 is a high quality watch. It pays tribute to diving watches of the present and the past, but does have key ANCON elements. SeriousWatches is an authorised dealer of ANCON watches.
さて、他のアイコン「アクセサリー」を覗くと、バネ棒や尾錠、ラバーストラップなどオプションで追加購入可能です。
なかなか良いサービスですね。「ジャーナル」はアンコンの情報ページなんでしょうけど、2014年で更新が止まっています。
ヤル気がないのか、FBなどで情報更新しているのか、消してしまった方が良いような気もします。

「ディーラー」は各国の代理販売店の紹介ですね。
日本には現在代理店がありません。

ANCON Watches - The legend (61952)

今回わたし(ココ東京)が狙いを絞ったのが、チャレンジャー47mm。

47mmのブロンズケースに、自動巻Miyota 90S5(シチズン)を搭載。
無表示の回転ベゼルに、スーパールミノヴァ夜光、200m防水のダイバーズウォッチです。

全6種類。

3色展開で、3.6.9.12のアラビアダイヤルと、ユニーク(カルフォルニア)ダイヤルから選びます。

販売値は同じ US$499.00 (US, Canada & Asia free shipping)です。
発送国がアメリカか、香港で北米とカナダ、アジアは送料無料です。
定価表示が一応あり、 US$769.00となっています。

 (61955)
まず、ユニークダイヤルは今回パス。
嫌いじゃないんですけどね。CH001はブルーグラデーション。
ダイバーっぽく、深いネイビーカラーでブロンズケースに合っていますね。

なかなか格好良い。

 (61957)

CH002はブラウン・グラデーション。

ややPG無垢のウブロ×ベルルッティ(511.OX.0500.VR.BER16)モデルにも見えなくはないですが・・・

シックで格好良いですね。
ブロンズに、こちらも合っています。

 (61954)

最後のCH003はグリーン・グラデーション。

もちろんブロンズ・パネライのPAM00382をオマージュしているのでしょう。
深いグリーンがヤバいモデルです。
これも良いなぁ。

ANCON Watches - The legend (61982)

あまり需要は無さそうですが、シースルーバックになっています。

ミヨタ・ムーブメントを観たい人には、充分アプローチできるでしょう。
私はそうでもありません・・・初めてのミヨタになりますが。

ANCON CHALLENGER CH002

動画で見てみます。
いかがでしょう?わりと良さげな質感でしょう?
期待できますよね。

ANCON Watches - The legend (61959)

で、色味はあまり悩まずに「ブラウン」をチョイス。

スマホから見るとこんな感じ。

あとは「ADD TO CART」を押すだけですね!
ハイ、ポチ!

 (61960)

こんな確認ページ(カート)が表示されました。

アンコンのオンラインショップの支払いは「Paypal(ペイパル)」だけのようです。

と、いう事で初めてペイパルのアカウントを作ることに。
チェックアウトをクリックすると、ペイパルに自動的飛びます。

アカウントがあれば「ログイン」、無ければ新規作成になります。
新規もあっと言う間にできますので、かんたんです。

メール、パスワード、名前・住所・電話番号・クレジットカード情報を入力するだけです。

ANCON Watches - The legend (61963)

すると、こんな感じになります。

注文した日は土曜日で101円程度でしたが、ペイパルの為替手数料が4%ほど掛かっています。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/HQipX

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)