ロレックス オイスター クォーツの魅力(カクカク・バキバキ)

ロレックス オイスター クォーツの魅力を今一度考える(セミビンテージ・ロレックス)

セイコーの起こしたクォーツショックはスイスの時計産業に大きな転換期を迎えさせます。

当然、ROLEXにも徐々にその波は押し寄せてきました。

時代の流れに乗り1970年代に開発されたロレックスのクォーツモデルは「ロレックス」らしくもあり「ロレックス」っぽくもない、とても魅力的なモデルです。

現在は生産終了になり手に入れるのが困難になっていますが、ややマニアックなモデルだけに掘り出し物もあるかも知れません。カクカクしたフォルムがポイントです。

魅力を最大限に満喫するなら丸く磨かれた個体はNGですのでお気を付け下さい。

ROLEX OYSTER QUARTZ

Fast schon ein Stück Nostal...

Fast schon ein Stück Nostalgie, eine Rolex 17000…..

1970年代に開発・誕生したオイスタークォーツには「デイトジャスト」と「デイデイト」がラインナップされています。

画像のムーブメントはキャリバー5035、デイトジャスト用ですね。

Probably an Rolex Oysterqua...

Probably an Rolex Oysterquartz as worn by Reinhold Messner, shown here

1978年にエベレストに登頂したラインホルト・メスナーらが着けていたのがRef.17000 オイスタークォーツ デイトジャストでした。

早々にサファイアクリスタルを搭載したオイスタークォーツは耐久性、精度ともに自動巻きを凌ぐ快適性が登山時にはあったのかも知れませんね。
プラ風防のRef.1016は歯ぎしりしたに違いありません。

1990 Rolex OysterQuartz Dat...

1990 Rolex OysterQuartz DateJust 17000 Black Dial

では、オイスタークォーツ Ref.17000 デイトジャストを見ていきましょう。

ケースサイズは36mm、初期型の文字盤はクロノメーター表記が無い「OYSTER QUARTZ」のみの物があります。

通常の自動巻きオイスターモデルとの違いは その独特なケース「フォルム」ですね。
ラグとラグの間にある「フラッシュフィット」と呼ばれるパーツがなく、ケースとブレスレットが一体型の様なデザインになっています。
直線的なフォルムは70年代に流行ったジェラルド・ジェンタ氏のデザインに似ています。
※実際デザインされたとも、違うとも言われていますが・・・

ジュエリー・アクセサリーの延長上に腕時計のデザインを生み出すジェンタ氏のモデルは「ラグジュアリー・スポーツ」と言うカテゴリーを作りました。
ロイヤルオークやノーチラスなどが有名ですね。
その影響を受けたのがバシュロンの222や、このロレックスのオイスタークォーツのデザインなのでしょう。

1990 Rolex OysterQuartz Dat...

1990 Rolex OysterQuartz DateJust 17000 Black Dial

オイスタークオーツの魅力はこのカクカクしたエッジの鋭さと、36mmと言うサイズ感です。

ケースのフチは面取りしていますが、ラグ部分のラインは指が切れてしまうのではないか?と言うくらい鋭いエッジ感が溜まりません。
もうね「ジャックナイフ」なんてニックネームが付いても良いんじゃないかと思うんですよ。
格好いいですねぇ。
メンテナンスで研磨され丸くなってしまったら、もうダメですね・・・
「あいつ、丸くなったな」なんて言われちゃうわけです。

さて、気になるのは「防水性」。
2000年代まで製造されていましたし「オイスター」の名を冠していますので100m防水だったのでしょうか?
ブックレットは時期によって50m防水/100m防水の2通りが見られます。
どうも正確な情報が手に入らなかったのですが、70-80年代は50m表記が多く90年代からは100m表記が多いような印象です。
製造年式から見れば当然100m防水は確保してても良いと思うので・・・
おわかりの方がいらっしゃいましたら教えて下さい!

Rolex Oysterquartz Quartz B...

Rolex Oysterquartz Quartz Booklet – REF: 5100 17000 17013 17014 19018 19019

(Rolex) Mens SS Oyster Quar...

(Rolex) Mens SS Oyster Quartz Datejust – Silver Stick Dial – 17000

¥301,545
2000年頃まで製造されてきた、意外とロングヒットなオイスタークォーツ。
ひっそりと生産終了になったのですが、当時まったく人気がなかった国内の中古市場では10万円台の商品がざらでした。

私はまだ若く、この格好良さに気付かなかった愚か者です。

が、Chrono24ではこんな感じで売られています。
ふぅ~さほど値上がりしていませんねぇ。

あの時買っておけば!と言うほどのプライスアップではないので大丈夫です。
問題はケースのエッジでしょう。
何度も言いますが、丸くなってしまったケースはNGですね。
格好良さが半減してしまいます。
※時を刻む正確性には何の問題もありませんので・・・

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/dFoE2

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)