チュードルとロレックスのビンテージ・スポーツ比較

SONY DSC

ビンテージ・チュードルに迫る!【vs VR】ロレックスに負けない魅力 大人気のスポーツモデル対決

ロレックスの廉価版として1930年代にイギリスで展開されたのがチュードル(TUDOR)です。

イギリス市場をターゲットとしたため、英国人に馴染みのあるチューダー家からブランド名を取り、ロゴにチューダー・ローズ(盾とバラの家紋)を使用しました。

コストをカットするためにロレックスのパーツを流用し、ETA社のムーブメントを搭載して組み立てているモデルが多いのが特徴です。

この辺のプランは実業家だったハンス・ウィルスドルフ(ロレックスの創業者)の手腕が見受けられます。

ロレックスにも劣らないチュードルの腕時計に迫ります。

対決1. 対デイトナ!「クロノタイム」

Monte Carlo 7159/0 

Monte Carlo 7159/0

タキ500!(このクロノグラフは2ndモデル)

1970年に登場する2つ目クロノグラフ。

オイスターケースにロレックスリューズ、バルジュー製の手巻きムーブメントを搭載、文字盤は奇抜です。

「モンテ・カルロ」と呼ばれ人気があります。
※モナコ公国のモンテカルロ市のカジノやカーレースから取られた名称でしょうか。

Ref.6239 ポール・ニューマン・デイトナ

Ref.6239 ポール・ニューマン・デイトナ

ロレックスでは1964年(1963年)に初代デイトナが誕生しました。

画像の特徴ある文字盤は「ポール・ニューマン」と呼ばれるエキゾチック・ダイヤルを搭載したレアモデルです。

BigBlock Ref.9420/0

BigBlock Ref.9420/0

80年代に入り、バルジュー7750を搭載する自動巻きクロノグラフ「クロノタイム」が登場します。

デイト表示もあって便利ですね。

60年代モデル同様にオイスターケース、ロレックスのリューズが使われています。

ベゼルは一般的にプラベゼルと呼ばれる「ベークライト(フェノール樹脂)」とステンレスのモデルがあります。

Ref. 6263

Ref. 6263

ロレックスでは自動巻きのデイトナは88年まで作られていません。
当時(70~80年代)はバルジュー製手巻きクロノグラフ・ムーブメント名作Cal.727が長く使われていました。
ねじ込み式のプッシャーに変わり防水性が上がっています(50m防水)。デザインが非常に近づきましたね・・・。

79180 big-block

79180 big-block

90年代になりロレックスパーツを使う最後のクロノタイム
Ref.79160/79170/79180が発売されました。
※下2桁の番号がベゼルバリーエション・ナンバーです。
「6」はプラベゼル「7」は回転ベゼル「8」はステンレスここまでのオイスターケースは厚みがあり「カマボコ」「BigBlock」などと呼ばれています。
リューズもロレックスのパーツを流用していて、防水も100メートルと機能充分なモデルです。

以降「盾」リューズなどオリジナルパーツのクロノタイムRef792**が誕生し、Ref792**Pで生産終了となりました。

Chrono24の販売業者がロレックス (Rolex) Daytona Ref. 16520 Zenith Box/Papiere/ A Serie/ TOPを€ ¥1,791,399で販売していますーTrusted Seller (1108)
ロレックスは1988年にようやく念願の自動巻きのクロノグラフを開発します。
※ゼニス社の名機エル・プリメロをベースにしたCal4030が搭載されています。ベゼルはステンレスのみとなり、手巻きのデイトナのプラステックベゼルモデルが急騰しました。

9420/0 Montecarlo

9420/0 Montecarlo

ヴィンテージロレックス(VR)に比べれば、だいぶ買いやすい価格のヴィンテージチュードル(VT)。

ですが、日本国内では正規販売されていないため数が少ないので
希少価値(探す努力と出合えるタイミングの価値)は海外より高いかも知れません。

ZENMAI的おすすめクロノタイム

縦目のクロノグラフ「クロノタイム」にもモンテカルロ・ダイヤルが存在します!
ZENMAI的には2つ目のクロノグラフより、こちらの方が好みです。黒・グレー・ブルーの縦目モンテカルロがありますが、やはり黒。
ステン・回転・プラとベゼルは選べますが、ZENMAIはステン。
こちらです。

Tudor Big Block Monte-Carlo...

Tudor Big Block Monte-Carlo 94300 Exotic Dial

かっこいい!

対決2.対サブマリーナー!「チュードル・サブマリーナー」

Ref. 7928/0

Ref. 7928/0

1950年代にはロレックスのサブマリーナーが開発され、
後を追うようにチュードルでも展開していきます。
(1953年に それぞれ1stモデルをリリースしています)Ref.7928。
第1世代のサブマリーナではRef7928のMarkIIIで完成をみます。
通称「バラサブ」です。

Ref5508

Ref5508

同時期ではロレックスのサブマリーナーは
Ref.5508かRef.5512でしょうか。
まだ100メートル防水のRef5508(Ref5512は200m防水です)。
リューズガードもありませんね。
Ref 9411/0

Ref 9411/0

70年代になると、チュードル側のデザインがロレックスとは別物に変化します!
※TUDORオリジナルはファンを選びます。マークも「バラ」から「盾」に変更されています。

スクエアのインデックスに、針も奇抜。
通称「イカサブ」、海外では「snowflake」。

ノンデイトモデルはフランス海軍にも納入するモデルになりました。

デイトあり(Ref.7928)(Ref 9411/0)とデイトなし(Ref.9401/0)があります。

またベゼルとダイヤルのカラーがブルーとブラックの2色展開があり、
カレンダーディスクは「黒」と「黒/赤」のバリエーションがあるようです。

ZENMAIは9411/0を過去に所有していましたがカレンダーが2色でした。

Submariner Ref. 94010

Submariner Ref. 94010

Submariner Ref. 94010 with blue dials and snowflake hands between 1975 and 1982, with serial numbers in the 8XX to 1,XXX,XXX range
ノンデイトのイカサブです。
相当かっこいいですよね?ロレックスより欲しいモデルです!

Ref.1680

Ref.1680

ロレックスは60~70年代になると、Ref.5512(デイトなしクロノメーター)と、
廉価版Ref.5513(デイトなし)、Ref.1680(デイトありクロノメーター)、
ハイスペックダイバーRef.1665シードゥエラーと複数展開していきます。チュードルの仏軍に対し、ロレックスは英軍に支給することになります。
「Tマーク」と呼ばれ高い人気を誇ります。

チュードルはイギリス市場向けに作られましたが、英国はロレックスを選んだのですね。

Ref. 5512

Ref. 5512

Ref. 79090

Ref. 79090

80~90年代になると再びデザインをロレックスに寄せてきます。

ロレックスのリューズとオイスターケースを使う最後のモデルです。

ムーブメントは変わらずETA社製。
レディースモデルなどもありました。

この後ダイバーウォッチはTUDORオリジナルダイバー・ハイドロノートになります。

ZENMAI的おすすめサブマリーナー

所有していたこともあり「イカサブ」推しです!
更にカッコいいノンデイト(ドーム風防)をオススメしたいのですが・・・

ちょっと変わった80年代のTUDORサブマリーナーをご紹介!
通称「タコサブ」、海外では「Lollipop」。
通常「ベンツ針」と呼ばれる短針に三ツ矢模様がありません。
またフチなしインデックスも同様に白い丸から「タコの吸盤」を連想し「タコサブ」と呼ばれています。

Tudor Submariner Lollipop R...

Tudor Submariner Lollipop Ref 76100

対決3.対エクスプローラーI!「レンジャー」

RANGER-Ref.7995

RANGER-Ref.7995

ロレックスの「オイスター・パーペチュアル」に対応する「オイスター・プリンス」。
※プリンスはロレックスのパーペチュアルと同意で「自動巻きモデル」のことです。

ロレックスは冒険者用に耐久性・防水性・携帯性・夜光・視認性などが優れたモデルを開発します。
それが「エクスプローラーI」であり、同様にチュードルも「レンジャー」を発売します。

最初のモデルは1950年代。
Ref.7995はバラロゴでかっこいい!。

Ref.1016

Ref.1016

同時期のロレックスはRef.6610かRef.1016のエクスプローラーIです。

年代が近いと見間違えそうですね。

短針の好みで選んでも良いかも知れませんね。

Tudor Oysterdate 7966/0

Tudor Oysterdate 7966/0

RANGERの表記が無いモデルです。
無いので違うと言えば・・・違うのか?
12時インデックスと短針/秒針の形状が違うくらいの「ソックリ」なモデル。

60年代。デイト表示が付いたレンジャー。
ベースはプリンス・オイスターデイト。
Ref.7966。

 (1132)
70年代になると弧を描く「SELF-WINDING」の表記がなくなります。

バラのロゴが「盾」に変わります。

 (1134)
70年代には「レンジャー2」が登場。

ベセルがフルーテッド型になり、ブレスとケースが一体型になっています。
インデックスの数字も何か強い感じがしますね。

80年代には最後のレンジャー・モデルが登場します。
 (1136)
Ref.90330。現在ではロレックスが修理パーツを持っていないため修理受付が終わっている模様です。
「RANGER」表記のあるモデルは複数あるようです。
「ノンデイト」7992、7934、7995、7965、90330、90220
「デイトつき」7964、7966、7990、7996
また、赤サブの様に赤いペイントの「RANGER」も存在していますが本来の物か定かではありません。

ZENMAI的おすすめレンジャー

初代レンジャーをデザイン的には強くおすすめしたいのですが・・・

今回はゴレンジャー好きにもマッチする「赤レンジャー」です。

塗ったの?塗ってないよね?

Ref.9050

Ref.9050

4.かっこいいから欲しいけど「ビンテージ」ってちょっと・・・

アンティークやヴィンテージ。
聞くとかっこいいけど取扱いや修理が面倒そうで諦めてる方も多いはずです。

実際、日本ロレックスでの修理期間が終わってしまっているモデルばかりだし、現行の機種に比べ耐久性も落ちます。

でも・・・かっこいいデザインだし欲しい!
そんなアナタ「朗報です!」よ。

ヘリテージシリーズと言う「復刻モデル」があるのです。

Ref. 70330N ヘリテージ・クロノグラフ

Ref. 70330N

Ref. 70330N

初代モンテカルロ・ダイヤルを踏襲したクロノグラフです。
初代の特徴のホームベース・インデックスがかっこいい。

オリジナルと異なり今風に自動巻きで便利ですね。
また42mmケースで存在感がアップしています。

こちらは2ndモデルを踏襲

こちらは2ndモデルを踏襲

Ref. 79220B ヘリテージ・ブラックベイ

Chrono24の販売業者がチュドール (Tudor) Tudor - Heritage Black Bay -Ref.79220B -Edelstah...を€ ¥332,565で販売していますーTrusted Seller (1144)
イカサブの針とバラサブの文字盤をミックスしたようなデザイン。

200メートル防水も当時のサブマリーナーを意識しているのでしょうか。

41mmケースでとてもかっこいいです。

Ref. 79910 ヘリテージ・レンジャー

Chrono24の販売業者がチュドール (Tudor) Tudor Heritage Rangerを€ ¥284,225で販売していますーTrusted Seller (1147)
レンジャーの60年代を意識したモデルです。
赤い秒針がモダンな印象です。

41mmとやや大きめですが、シンプルで良いですね。
ZENMAI的には38mm程度のサイズで出してほしかったです。

残念ながらヘリテージシリーズは現行品ですが、日本国内にはチュードルの正規店がありません。
※日本ロレックスは修理受付はしてくれますが、販売はしていません。
海外旅行や、時計ショップで輸入品を購入することで手に入ります。

ノースフラッグ 91210N

ノースフラッグ 91210N

2015年の新作、ノースフラッグです。
レンジャーIIの復刻版と捉えられそうですので、一緒にご紹介。

ベゼルがフルーテッドからステンレスとセラミックの混合タイプへと進化しています。
また9時位置のパワーリザーブもポイントですね!
わざわざパワーリザーブ表記をしたかったのは自社製クロノメータームーブメントを搭載し、パワーリザーブが70時間もありますよ!と
誇示したかったからに他なりません。

【追記】バーゼルワールド2016で凄いモデルが出た!

ヴィンテージ・チュードルと言っているのに「新作」紹介は・・・おかしいですが、
これは書き加えずにはいられません!

ちょうどヘリテージのご紹介をしていた流れから・・・
見てください!

Tudor Heritage Black Bay Br...

Tudor Heritage Black Bay Bronze 79250BM

来ましたね・・・トレンド・マテリアルの「ブロンズ」ですよ!

渋い、かっこいい。
ダイヤルデザインも肝ってます。

詳しくは「ココ東京」さんの記事をチェックしてみてください。
他にもリベットブレス・モデルだとか、自社製クロノメーター・ムーブメントだとか紹介されています。

TUDOR BASEL WORLD 2016 チュードルがやっちゃった!(追記) – 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア

TUDOR BASEL WORLD 2016 チュードルがやっちゃった!(追記) - 時計怪獣 WatchMonster|腕時計情報メディア
ココ東京さんのバーゼル情報

まとめ

ロレックスのデフュージョンブランドとして生まれたチュードル。
2000年頃にはオリジナルモデルを展開していけるくらいの力を持てるようになり、独自の進化をしています。

ロレックスのパーツを使用したモデルが人気があったり、突飛なデザインのモデルがあったりと、とても面白いブランドになっていますね。

ロレックスのDNAは深く強く出ていますのでおすすめです。

現行のヘリテージシリーズが使いやすく、また価格的にも安価で買い求めやすいコストバリューに優れたモデルがたくさんありますので要チェックです。

チューダー・ローズ

チューダー・ローズ

Tudor Monte Carlo Chronogra...

Tudor Monte Carlo Chronographs from the Past

<元記事>

http://watch-monster.com/articles/KC6U0

 

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)