バックルの違いを見極めよう!116520の最終型

デイトナ116520の最終形態の見分け方!ロレックス最終品番の魅力「デイトナ投資」

ロレックスのデイトナ Ref.116520がロレックスのホームページから姿を消し生産終了になりました。

ロレックスのスポーツモデルの最終品番はプレミアム価格になるのが定説ですが、シリアル・アルファベット「G」を最後に頭文字のアルファベットが無くなり「ランダム品番」と呼ばれるスタイルになったロレックスのシリアルコードでは「最終モデル」がパッと見では判別付かなくなってしまいました。

今回は116520の最後の形態を調査していこうと思います。

投資目的の記事になりますのでご了承ください。

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116520 Lastest Model

リレーであれば「アンカー」、舞台で言えば「終幕」、フェスであれば「大取」といつの時代も、どんなシチュエーションでも「最後(end)」を重要視することが多い傾向ですが、ロレックスのスポーツモデルにもそれは当てはまります。

所謂「P番」と言われる「Ref.16520」の最終品番をご存知でしょうか?
生産終了直前の個体なのですが、その少し前のモデルに比べ未使用品(デッドストック/ミント)であれば倍近い値段の差が付きます。

R000001 …………………….1987
L000001 …………………….1989
E000001 …………………….1990
X000001 …………………….1991
N000001 …………………….1991
C000001 …………………….1992
S000001 …………………….1993
W000001 …………………….1994
T000001 …………………….1996
U000001 …………………….1997
A000001 …………………….1998
P000001 …………………….2000
K000001 …………………….2001
Y000001 …………………….2002
F000001 …………………….2003
D000001 …………………….2005
Z000001 ……………………..2006
M000001 ……………………..2007
V000001 ……………………..2008
G000001 ……………….~2010
Random Numbers ….2010~

これがアバウトなロレックスのシリアルコードですが、2010年のG999999番以降ランダムな8桁のアルファベットと数字の並びに変更になりました。

今回生産終了になった「Ref.116520」は、どうやったら「最終品番」として認められるのか
ふと疑問に思いましたので ちょっと調べてみようと思います。

ギャランティーカードのスタンプ

ROLEX Cosmograph Daytona Re...

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116520 Lastest Model デイトナ 最終形態

1番わかりやすいのは「保証書カードの日付」でしょう。

デイトナRef.116520は2006年あたりから文字盤6時位置のヘリにシリアルナンバーが刻印されますので、そのナンバーとカードの番号が一致していれば、そのカードはその個体の保証書カードであると言えます。

そして、そのカードの裏面には販売店と販売した日付が記されるので「いつ販売」されたのかがわかります。
2016年(今年)に生産終了になったので日付が「2016年」のものが「最終モデル」と言えるのではないでしょうか?

万が一・・・3年も4年も前の個体が店頭で売れずに、ようやく売れたのが2016年だったら・・・わからないじゃない!
そう思うヘソマガリさんのために、違うポイントを探しましょう。

また、手書きで日付が掛かれている海外販売のカードもあります。
いくらでも日付を調整できそうで、なんだか信頼性に欠けますよね?

バックルの仕上げ

ROLEX Cosmograph Daytona Re...

ROLEX Cosmograph Daytona Ref.116520 Lastest Model デイトナ 最終形態

カードの日付スタンプだけじゃ信用できないよ!と言う方にはコレ。
もしくはカードが無くなっちゃったよ!と言う個体にも。

デイトナのバックルは穴あきだった物から2008.09年(M番途中)に新型の強靭なプレートバックルに変更になりました。

ロレックスのロゴが刻印され、なんだか高級感も増しましたね。
さて、この刻印されたステンレスのプレート部分はずっと「梨地」と呼ばれるマットな仕上げがされていました。
が、2015年年末あたりからの個体には鏡面仕上げのプレートが装着されるようになっています。

新品であれば半透明の保護シールが貼ってあって見分けがつきにくいですが
よく見ればわかりますので「最新版」が欲しい方は店員さんと一緒に確認してください。

chromalight(blue)

chromalight(blue)

因みに2013年頃からスーパールミノヴァ(グリーン)からクロマライト(ブルー)夜光に変更になっています。

116520を新しい順に並べると・・・
ニューバックル(鏡面)クロマライト(最終モデル)
ニューバックル(梨地)クロマライト
ニューバックル(梨地)スーパールミノヴァ ベゼル刻印浅め(プリント)
ニューバックル(梨地) スーパールミノヴァ ベゼル刻印深め(彫り)
オールドバックル スーパールミノヴァ ベゼル刻印深め
オールドバックル スーパールミノヴァ ルーレットなし ベゼル刻印深め
オールドバックル スーパールミノヴァ ルーレットなし クリスタル・レーザー王冠なし ベゼル刻印深め

こんな感じでしょうか?

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/aTUQl

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)