【レビュー】オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク 15400ST.OO.1220ST.02

故ジェラルド・ジェンタの意匠・永久不滅のオクタケース 世界で最初で最高のラグジュアリースポーツ「ロイヤルオーク」。

素晴らしい美しさとスポーティな外観。

いやぁ、いつ見ても惚れ惚れします。

ケース径が年々大きくなていき不安ではありますが高級感がどんどん上がってきています。

シースルーバックから覗くムーブメントも美しく1本持っていれば他はいらないほどの満足感ですよ。

AUDEMARS PIGUET Royal Oak Automatic 41mm 15400ST.OO.1220ST.02

 (20106)
15400ST.OO.1220ST.02

41mmになった、2012年の新作でした。
前作15300STよりわずか2mmケース径が大きくなったのですが、実際はかなりボリュームアップした印象です。
ゴージャス。ラグジュアリースポーツと言われる理由が手に取るとわかりますね。

70年代~90年代のロイヤルオークは確かにかっこいいですし高級感がありましたが、
この15400STの見た目の高級感は半端ないですよ。
あぁ・・・伝わらない。

えぇ、もうね、ステンレススティールですがホワイトゴールドの様な輝きがあります。
テカテカではありません。フォォっとオーラがあるのです。
※ベゼルのビスとインデックスは実際ホワイトゴールド製ですね

しかし、けして重くありません。
凄く丁寧に作りこまれたブレスレットが手首にフィットし快適な着け心地になるのです・・・これも伝わりづらいですね。

いや、本当ですよ。
ブレスレットの作りが本当に凄いです。
ロレックスのオイスターブレスに慣れてらっしゃる方は驚くでしょう。

 (20107)
ムーブメントは自社製 キャリバー3120
パワーリザーブは60時間。21600振動。
金曜日の夜にはずして・・・ギリギリ月曜日の朝も動いてますね。

50m防水です。

ポコポコと美しいタペストリーダイヤルに、インデックスはホワイトゴールド製。

たんなるバーインデックスに見えますが、このバランスが最高です。

オーデマ・ピゲ ロイヤルオーク オートマティック 15400ST レビュー

 (20108)
デイト表示もあり便利でしょ?

光の当たる角度で表情が変わる・・・うーん、キレイ。

 (20109)
シースルーバックからキャリバー3120が覗けます。

ローターは22K。
成金だから22金を使っているわけではなく、ローターの重さが効率よく動力を伝えるのです。

 (20110)
APフォールディングバックル
両サイドからプッシュして観音開きになります。
 (20111)
ローターが邪魔でオートマチックのムーブメントはたいして見えない・・・

まぁ気分の問題です。

 (20112)
上からもAPフォールディングバックル
 (20113)
こんな感じで開きます。

小さい精密ネジもキレイに収まっていますね。
バックルの内側のオーデマピゲの刻印。実は同じ15400STにもバリエーションがあり、これは新しいタイプ。
数年前のはAPロゴも刻印されてました。

続きはこちらから

http://watch-monster.com/articles/kyCQI

SNS Share



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)